あかり

パナソニック汐留ミュージアムで「アール・デコ 光のエレガンス」を見てきました

c0062829_14511511.jpg




気になった作品は





国立セーヴル製陶所の結晶釉花器「オベール No.62」
装飾がされていないのですが、窯の中で冷える時に美しい結晶模様が浮かび上がる
色釉が施されているので、雪の結晶のような模様が浮かび上がっていて美しいです

同じくセーヴルの「鳩と果実の照明付きテーブル・センターピース」は
陶器が内側から照らされて素敵です。

ルネ・ラリックのテーブル・センターピース「三羽の孔雀」は大きな作品で、
わずか2cm厚のガラスの中に3羽の孔雀がいて、目をひきます。

同じくラリックの 常夜灯「インコ」は繊細で美しく、チラシにも使われています。

また花瓶「オラン」はデザインは好みではないけれど、オパルセントガラスが使用され、
宝石のオパールのように光の角度で色が変わるのが印象的でした。


そして
一番のお気に入りは

モーリス・マリノの扁瓶「氷河」

これはガラスの中にたくさんの細かい気泡がきらめいていて、本当にとても美しかったです。
色もとても素敵です。
[PR]
by hiroho7 | 2012-08-23 23:23 | デザイン・アート・写真・音楽
<< 夜空をつくろうプロジェクト全国大会 TEARFUL >>